観察と傍観のはて

アプリ、プログラム、本、映画、メンタル的なこと、日記などを書いています。

Gitを最新バージョンにした。

ふとそう言えばGitずっとアップデートしてないやと思い実行。

以前、Ruby始めました - 観察と傍観のはてでHomebrewは
入れていたので、今回の最新版インストールは簡単。

$ git --version
git version 1.8.5.2 (Apple Git-48)
$ brew install git

※ちなみにXcodeのcommand line toolsをインストールして、gitもインストールしたのが最初。

で、終わり。

確認のためバージョンを再度見る。

git --version
git version 1.8.5.2 (Apple Git-48)

おぉ〜、ポカポンタス!!

変わってない!!

なんと、なんとの南斗水鳥拳

Google大先生に聞いてみると
Macのgitをhomebrewでインストールしたものに変更する - Rock'n'Hack ブログ
homebrewで入れていた場合、/usr/local/binにあるけど
PATHで先に見つかった /usr/bin/git を使われているってことね。

$ /usr/local/bin/git --version
git version 2.0.4
$ which git
/usr/bin/git

ホンマや・・・


で、すべてのMacでgitな人は今すぐバージョンを確認するべき - Meltdown Countdown rev.にある
Does Xcode 4 install git? - Stack Overflow
にあるように/etc/paths のバックアップをとっておいた後、書き換える対応で良さそうだ。

しかしルートになれず「あれ?そもそもルート設定したっけ?」と再度Google先生
OS X Mavericks: ルートユーザを有効にする/無効にする

おっつ、「ディレクトリユーティリティ」を開いて、「編集」ないよって思ったら、
左上部バーにありました。

Macでrootユーザを有効にしてログインできるようにする3つの方法 | Macとかの雑記帳
GUI(マウス操作)で root を有効にする」は分かりやすく説明してます。

無事、rootを設定し、/etc/pathsを編集。

$ cat /etc/paths
/usr/local/bin
/usr/bin
/bin
/usr/sbin
/sbin

/usr/local/binを一番上にしますた。

再度terminalを起動。

$ git --version
git version 2.0.4


でけた!!

[余談]
Mac の Git を 1.9.0 にアップデート - HAM MEDIA MEMOによると
.bash_profile 、 .zshrc に path を設定してもOKらしいけど.bash_profileに
「export PATH=/usr/local/bin/git:$PATH」してsource ~/.bash_profileだけだとだった。
複数直さないといけないのかな〜

広告を非表示にする