読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観察と傍観のはて

アプリ、プログラム、本、映画、メンタル的なこと、日記などを書いています。

「エンドロール」を読みました

『エンドロール』を買ったのは、ぷらっと寄った本屋で
タイトルに惹かれたのと、帯に「この一冊に救われた」とあったからだ。


小説に救われる?
そう思いましたが最後まで読んで、久しぶりに心が温かくなった作品でした。




【簡単なあらすじ】
映画監督になる夢破れ、故郷を飛び出した主人公はアパートの管理のバイトをしていた。

ある日、住人の独居老人・帯屋が亡くなっているのを見つけ、遺品の8ミリフィルムを発見する。

遺品の8ミリフィルムをみた主人公は、亡くなった帯屋の人生に惹かれ、帯屋の人生を辿り始める。

作品の詳細は読んで欲しいので、感想を。


最後の30ページで締めが急ぎ足ですが、それを覗いても楽しめました。
エンドロールというタイトルだけあって、本当に映画のように読み進められました。
それとあとがきも良いので最後まで読んで欲しいです。

孤独死の見方もひとつ変わってきました。
いま1人でいる人、嫌なことばかりで辟易してる人に見てもらいかな。

物語って本当にいいですね。
最後にあとがきに書かれた言葉を引用してさようなら。



物語には、人を救う力がある。

広告を非表示にする